我が家の家政婦さん!【RoborockS6】

  • URL Copied!

我が家では、家政婦さんを雇っています笑
その名もRoborockS6!!
いわゆる、お掃除ロボットです。今回はそんなRoborockS6について紹介したいと思います。
この記事は、こんな人にオススメです!

・お掃除ロボットの購入を考えている人
・Roborockについて知りたい人
・掃き掃除と水拭き掃除の両方を備えているお掃除ロボットを探している人

にオススメです!

目次

お掃除ロボット・RoborockS6

最近では、色々なお掃除ロボットが登場している中、なぜ私たちが『RoborockS6』を選んだのか紹介していきます。
使ってみての感想やメリット・デメリットなど、もしこれからお掃除ロボットを購入しようと思っている人の参考になれば嬉しいです。

購入のきっかけ

なぜ、お掃除ロボットの中でも『RoborockS6』を購入したかというと、新居を購入した際に【次世代住宅ポイント】という制度を使うことができたからです。

【次世代住宅ポイント】の説明と私たちのポイントで
選んだ商品の一覧はこちらからご覧ください。

RoborockS6のメリット

1、掃除する時間が短縮される
Roborockにできる範囲の掃除を任せることで、今まで自分がやっていた掃除の時間を短縮することができます。また、仕事中や外出中などに掃除を任せていくことができるので、自分たちが掃除の邪魔になることもありません。

部屋が広い家だと、なおさら掃除の時間が長くなるので、少し値段が高くても高性能なお掃除ロボットを購入することをオススメします!

2、掃除機の入りずらいところを掃除することができる

RoborockS6の高さは約10cmくらいなので、その分の高さがあるテーブルやソファなどの下も掃除してくれます。
屈んで掃除機をかけなければならないところもやってくれるので、体への負担も少なくなります。

3、水拭きも一緒にやってくれる!
Roborockの特徴は、専用のモップを取り付けることで水拭きすることができるところです。
水拭き専用のお掃除ロボットなどもありますが、それだと掃き掃除をすることができないことがあります。かといって、家にお掃除ロボットを2台も置くスペースがない人などにはRoborockがオススメです。

4、wi-fiを使って、スマホから操作ができる!

wi-fiを使うことで、スマホから簡単に操作できるようになります。
これによって、わざわざRoborockがあるところまで行って運転スイッチを押さなくても、スマホから操作することができるようになります。

自宅にいなくても、操作することができるので、自分の好きな時間に掃除させることができます。

5、360°レーザースキャンで部屋をマッピング!
正確な部屋の形をスキャンし、効率よく掃除をします。
いくつかのセンサーにより、部屋の角や家具の隙間・段差などを検知することで、段差から落ちたり、家具に思いっきり衝突する可能性も少なくなります。

RoborockS6のデメリット

1、掃除する床にものを置いていくことができない
これは、お掃除ロボット全般に言えることですが、床に子供のおもちゃや家電のコンセントなどがあると、それごと吸引してしまい、緊急停止するか、最悪、故障に繋がります。
常に、床にものを置かない習慣をつけておくことが必要です。

ちなみに、RoborockS6の上位機種である、RoborockS6 MaxVは2眼カメラを搭載しているため、カメラ性能が非常に高く、床のものを認識して回避することができるので、ペットがいるお家や、物をつい散らかしてしまう人などはRoborockS6 MaxVがオススメです。

2、水拭きモップの手入れ
Roborockは水拭きが可能で、水拭きモップを使って行いますが、モップが濡れたまま放置すると、カビの原因になったり、異臭を放つことがあります。
使い捨てモップと再利用可能なモップがありますが、特に再利用可能なモップはこまめに手入れをすることをオススメします。

3、少し高い?
私的には値段相応の価値があると思っていますが、RoborockS6は水拭きの機能も搭載しているため、少し高めに感じる人もいるかもしれません。
水拭きの機能が必要ない人は他のお掃除ロボットを購入した方がいいかもしれません。

もし、掃き掃除用と拭き掃除用のロボットを購入検討の方は、是非Roborockも比較してみてから購入するよにしましょう。

その他の機能

1、フィルターを丸々水洗い可能!
RoborockS6のダストボックスは、取り外してそのまま水洗いが可能です。取り外しも簡単ですし、洗う部分も少ないので、誰でも簡単に洗うことができます。

2、侵入禁止エリアの設定ができる!

wi-fiで操作する設定の中で、侵入禁止エリアを設定することができます。

この機能により、水拭きしたくないカーペットの上や畳の部屋なんかを設定して置くことで、自分が掃除してもらいたいと思う場所だけ掃除することができます。
写真の赤い部分が侵入禁止エリアとなっています!

3、騒音レベル58dB!
私はお掃除ロボットは少しうるさいイメージがありました。
RoborockS6の発する音の大きさは、約58dBだそうです。この値は、人が普通の声で話す音量、静かな住宅街の音量とほぼ一緒だそうです。
私はテレビをみているなら、少しうるさいと感じる時があるくらいですね。

まとめ

今回は、お掃除ロボットの【RoborockS6】についてまとめてみました。
現在、使っている感想は、掃除の手間と時間が減って大助かり!!
といった感じです。私の家では、RoborockS6を使っておりますが、もし次買い替えるときはS6MaxVを購入したと考えておりますので、その際はまた紹介していきたいと思います。

・掃除時間を短縮したい
・水拭き、掃き掃除、両方したい
・wi-fiを使って外出中に掃除をしたい

そう思っている方は、自分のご褒美にでも購入してみてはいかがですか?

  • URL Copied!

この記事を書いた人

青森県在住20代夫婦・2020年8月マイホームを購入!20代から建てられるマイホームを紹介🏠
初めは何をすればいいのか?暮らしの便利アイテム・暮らしやすい間取りなど紹介していきます😄

コメント

コメントする

目次
閉じる