オシャレな家にするためのポイント!《内装編》

  • URL Copied!

今回は、オシャレな家を作るためのポイントをいくつか紹介します。
効率や機能性を最優先にすると見た目をある程度犠牲にしなければならないことが出てきますが、今回の記事では機能性は深く考えないことにします。
この記事は、こんな人にオススメです。

・これから家を建てる人
・見た目がオシャレな家を建てたい人
・どんなデザインの家を建てるか迷っている人

にオススメの記事になっています。
家を建てる予定のない人でも、参考にすることでオシャレな雰囲気の部屋にすることができるかもしれません。家のデザインで悩んでいる人などはぜひ見てみてください。

目次

オシャレな家にするために

今回は、家の内装についてオシャレなデザインにするポイントを紹介します。
どんなデザインがオシャレなのかは、個人によって考え方が変わってくると思うので、自分に合ったデザインを選んで後悔しないような家作りをしましょう。

デザインを統一する!

まず基本になるのは、内装のデザインをどのようなコンセプトにするかです。
よく耳にするのは、『和モダン風』や『北欧風』、『ナチュラル系』などがあります。それぞれ非常に魅力的なデザインとなっていますが、かっこいいからといって全部をごちゃ混ぜにしてしまったら、統一感がなくオシャレな見た目とは離れていってしまいます。

まずは、自分たちの家をどんな家にしたいのかイメージを固めてから、デザインを決めていくことが重要です。
その際、すぐに飽きてしまうようなデザインにすると生活していくうちに、「ここがなんか違う」とか「ここだけ模様替えをしたい」などというように、後で後悔するポイントが出てきてしまうので、飽きがこないようなシンプルなデザインにすることも大切です。(飽きがこないようなデザインというのが一番難しいところで、やってみないとわからない部分もあるのでこれといったデザインと言うことが出来ないのが難しいところ)

インテリアのデザインを統一する

前段と同じことですが、内装のデザインに合わせて、インテリアのデザインも統一することで、さらにオシャレな家にすることが出来ます。
インテリアの場合は、内装に比べると変更することが容易なので、気に入ったものを購入してみてあまりにも家の雰囲気にあってなければ、別のものにすることも可能です。

難しい点は、内装にあったインテリアを探すことができるかと言うことです。
同じメーカーからダイニングやソファなどが購入できれば、色合いも似てくると思いますが、グレーやベージュなどの曖昧な色はメーカーによって若干違ってくることもあるので、家に届いた時にイメージと違うということもあるかもしれません。
逆に、ピッタリの大きさや色合いのものを購入できた時は、とってもテンション上がます。

観葉植物・グリーンインテリア

続いては、観葉植物などのグリーンをインテリアとして置くことで、オシャレな空間が出来上がります。
部屋の雰囲気を統一させることで観葉植物が色のアクセントとしていい役割を果たしますし、多少ではありますが二酸化炭素を吸収し、酸素を放出してくれます。色々な種類や形の観葉植物があるため、自分に合ったものを選ぶのも楽しい時間にな流ことでしょう。
また、人によっては植物のお世話をすることがストレス発散にもなることもあるので、ぜひ取り入れたいものとなっています。

デメリットとしては、水やりや大きさに合わせて鉢を変えたり、お世話するのに手間がかかることもあります。植物の種類によっては、ペットに悪影響を与えるものも存在するため、十分調べてから購入するようにしましょう。

また、手入れが面倒だという人やペットや子供などいたずらするのが不安だという人は、ニトリやIKEAなどでオシャレなフェイクグリーンを購入するとができるので、探してみるのもいいかも知れません。

見せる収納・隠す収納

部屋に物が散らかっていたりする家はオシャレな家とは言えません。使ったものはすぐしまって置くことで綺麗な部屋を保つことが出来ます。そのためには、収納の使い方がポイントとなってきます。

1点目は、見せる収納について

家具や家電などが家の内装にマッチしているものは、あえて隠さずインテリアとして置いておくこともできます
最近では、電子レンジやトースター、掃除機なんかも可愛い見た目のものが増えてきており、見えるところに置いていてもおかしくないものもあります。

しかし、見せる収納は各アイテムのセンスと掃除をこまめにすることが必要で、せっかくいいものを置いても埃がかぶってると台無しです。こまめに掃除をする習慣をつけるようにしましょう

2点目は、隠す収納です

隠す収納と言われるとそのままの意味になってしまいますが、家の雰囲気にあっていない家電などはあらかじめ見えない所にしまう収納のことです。

例えば、オープンキッチンでもリビング側からは見えない所に冷蔵庫などを置けるスペースを作る方法やキッチンの後ろの収納(カップボードやパントリーなど)を全て扉付きのものにし、生活感の出る電子レンジや炊飯器などを目に見えない所に収納する方法もあります。

隠す収納では、少しくらい綺麗じゃなくても隠すことが出来るので急な来客にも対応することができます。

デメリットとしては毎回扉を開けて使用する必要があり、一度に何度も使用する時には不便に感じることもあるかもしれません

家をオシャレにすることのメリット

住んでいてモチベーションが上がる

オシャレな家に住んでいるだけでテンションが上がります。特に自分の理想の色合いや配置にすることができれば毎日が楽しくなること間違いなしです。
新しい家具や家電を買うときやそれを配置する際に大きさや色が想像通りだとさらに嬉しい気分になります。

綺麗でオシャレな家を作ることができれば、休日は家に中でゆっくりしていても充実した日を送ることができるでしょう。

友達や他の人が家に来たときに褒められる

新しい家を建てた時などは友達や家族が家の遊びに来ると色々褒めてくれるともいますが、オシャレな家にするとさらに反応も良くなります。
自分たちで時間をかけて調べたり探したインテリアを褒めてもらえると、非常に嬉しい気持ちになります。同じような趣味の人がいたら、さらに会話も弾み楽しい時間を過ごすことができるでしょう

部屋が自然と綺麗になる

オシャレな家にしようと心がけていると、自然と部屋が綺麗になるものです。なぜなら、汚い部屋がオシャレとは反対にあるからです。
お気に入りの家具や家電などが埃をかぶっていたら、綺麗に見えませんし、配置も斜めだったり曲がって置くとなんだか見栄えが良くありません。

特に、見せる収納では家電の汚れや埃などはリビングからも見えてしまうこともあるので、こまめに掃除することが大切です。

家をオシャレにすることのデメリット

家具・家電・インテリアなどの選別

オシャレな家にするためには、見た目、機能性ともに高性能なものを購入する必要があります。
そうなってくると、実際に見に行ったり、ネットで調べてみたりと、多くの時間がかかることになります。また、同じような製品でもデザイン性を求めると高価な商品になりがちで、出費もかさみます。
部屋に見合う物を選ぶだけでも大変なことを覚えておきましょう。

実際に置いてみないとわからない

購入したい商品は事前に下調べすると思いますが、それでも実際に置いてみないと部屋の雰囲気にあっているかわかりません。
お店での照明の関係や店内の広さと自分の家では条件が変わってくるので、いざ、部屋に置いてみると想像と違うなんてこともあるかも知れません。特にネットでの購入は慎重に行わなければイメージと全然違う商品の場合が多々あります。

実際に見ることができるのであれば、確認してから購入する方がいいでしょう。

まとめ

オシャレな家を作るためには、

・デザイン・インテリアに統一感を出すこと
・観葉植物などのグリーンを入れること
・内装にあった収納を選ぶこと

などが大切になってきます。
もちろん、今回あげたポイントの他にもオシャレな家にする工夫はたくさんあるので、自分たちの家に合うようなデザインを見つけることも楽しみの一つだと思います。

  • URL Copied!

この記事を書いた人

青森県在住20代夫婦・2020年8月マイホームを購入!20代から建てられるマイホームを紹介🏠
初めは何をすればいいのか?暮らしの便利アイテム・暮らしやすい間取りなど紹介していきます😄

コメント

コメントする

目次
閉じる