オープンキッチンのメリット・デメリット

  • URL Copied!

我が家はオープンキッチンを採用しているのですが、その使い心地やオープンキッチンのメリットとデメリットを紹介していきます。
この記事は、こんな人にオススメです。

・これから家を建てようとしている人
・キッチンの間取りを考えている人
・キッチンのリフォームを考えている人

にオススメの記事になってます。
おしゃれな雰囲気のキッチンにしたい人やリビングを見通しながら料理をしたいと考えてる人は、オープンキッチンを取り入れるのがいいと思います。

目次

オープンキッチンとは

オープンキッチンとは、キッチンからリビングなどが見渡せて、扉などで仕切られていないキッチンのことをいいます。
ハウスメーカーの展示場などでもよく使われており、リビングとキッチンが隣り合っている間取りの家では、仕切りがないことでより開放的な空間になります。
リビングにいる時も料理している人の姿が見えますし、キッチンからもテレビを見れたり、家族の様子を伺うことができます。

オープンキッチンの種類

オープンキッチンには、いくつか種類があり、間取りや家の大きさなど同じ条件の家はひとつもありません!!
自分たちの生活に合った形のキッチンにすることが必要です。
ここでは、よく採用されている2種類のオープンキッチンについて解説していきます。

1つ目は、アイランド型です。

アイランド型は、独立した机が特徴です。
開放的で、インテリアなどでおしゃれな空間にすることもできます。中央の机を利用して、家族全員で何か作ったり、友達を呼んでホームパーティーをする人はきっと盛り上がることでしょう。
ただし、独立した机を置くための広いスペースが必要になってきます。

2つ目は、ペニンシュラ型です。

ペニンシュラとは、英語で『半島』を意味し、キッチンの左右どちらかが壁に接しているキッチンです。
こちらも開放感があり、インテリア次第でおしゃれなキッチンを作ることができます。アイランド型より狭い範囲でも設置できるキッチンなので、大きな家を建てられない人でも採用することができます。
ただ、二人以上で作業するには窮屈な感じになるのが、注意点です!

他には、セミオープンキッチンと呼ばれる、リビングから見える部分が一部仕切られており、収納やカウンターを設置できるタイプのものあります。
開放感は少なくなるが、リビングからキッチンを直接見える部分が少なくなる為、お客さんがきたときなど少しくらい汚くても見られる可能性は低くなります
セミオープンキッチンには、I型やL型のキッチンもあるため、各家庭の間取りとも相談して決めるといいでしょう。

オープンキッチンのメリット

オープンキッチンのメリットを紹介していきます。各家庭の生活スタイルによって考え方が変わってくると思うので、自分たちに合ったキッチンを選ぶようにしましょう。

開放感のあるキッチンになる

オープンキッチンでないキッチンだと、目の前が壁だったり、仕切られた場所での作業になったりするので、窮屈で孤独な空間になってしまいます。
その分、料理に集中できたり、一人の時間を過ごしたりできますが、家族との時間を多く取りたい人には、オープンキッチンがオススメです。

家族とコミュニケーションを取れる

オープンキッチンの魅力はなんといっても、料理しながらもリビングの人と話ができることです。
特に、小さいお子さんがいる家庭では、少しの間でも目を離すことも心配になりますよね。変なものを口に入れたり、手に届くもの全てに興味を持つので大変だと思います。
オープンキッチンを採用し、キッチンから目の届く範囲に子供がいるような間取りにすることで、万が一何かあった場合でも、すぐに異変を見つけることができます

配膳が楽になる

3点目は、料理の配膳についてです。
オープンキッチンだと、リビングやダイニングとの隔たりがないので、調理したものをそのままテーブルにもっていくことができます。
扉を開けたり、襖を跨ぐ必要もないのもいいですね。

オシャレな空間を作ることができる

この点に憧れる人も多いのではないでしょうか(^_^)/
おしゃれな人のTwitterやブログなんかを見るとみんなオープンキッチンな気がします笑

オープンキッチンにすることで、リビングのインテリアとの繋がりのままキッチンの方もオシャレにコーディネートすることもできます。最近では、オシャレなキッチン家電なども多く出ているので、その家独自の空間となり、お気に入りの場所になること間違いなしです!

オープンキッチンのデメリット

メリットがあれば、当然デメリットもあります
ただ何となく、「かっこいいからオープンキッチンがいい」と思っている人はデメリットも考慮した上で、選ぶと後々後悔しないと思います。

オープンキッチンの方が値段が高い

壁付きI型キッチンと比べると、どこのメーカーもオープンキッチンの方が値段が高くなります。安くても10万円くらいの値段の差が出てくると思います。大きいテーブルのアイランド型オープンキッチンを選ぶ方は、もっと値段が高くなるので、予算と本当に自分たちに必要なものなのか相談して選ぶと良いでしょう。

見た目を気にする必要がある

オープンキッチンを購入することでキッチンが綺麗になるわけではありません。
オープンキッチンがオシャレなのは、綺麗に掃除をしてオシャレに家電などを配置しているからです!
毎回キッチンを綺麗に保てる人や食事の後片付けをしっかりする人でなければ逆に汚さが目立ってしまいます。
オープンキッチンを採用することで、これからキッチンを綺麗に保つモチベーションに繋がる方にはオススメです。

音や匂いがリビングにも届く

キッチンとリビングは同じ空間にあるので、焼き魚焼肉お好み焼きなど匂いの強い料理を作る際には換気をするなど、匂い対策が必要となってきます。換気をしても布類に匂いが着く場合もあるので、その都度、対策が必要です。

キッチンのものが子供にとって危ない

オープンキッチンでは、リビングとキッチンに隔たりがないのが特徴ですが、その反面、走り回る子供がキッチンに侵入することもあります。
自分が認識していればいいですが、あつあつの鍋などを持っている時に走り回ると、大事故になる可能性もあるので、他の家族とも連携を取り合い安全に暮らしてけるようにする必要があります。

オープンキッチンの使用感

オープンキッチンを採用した我が家ですが、その使用感を私なりに紹介していきます。
間取りや建築方法の違いで各家庭の使用感が変わってきますので、ご注意くださいm(_ _)m!

1、開放感があり、リビングが広く感じる!
我が家は、リビングダイニングキッチンが18畳なのですが、オープンキッチンのお陰で一つの大きな空間になっています。目線を遮るものもないため、数字以上に広さを感じることができます。
また、吹き抜けも採用しているため坪数以上に広い空間に感じます。

2、料理中も会話ができる

料理のためキッチンに立っているときでも洗濯やお風呂掃除のお願いも、普段の会話の声量で伝わりますし、テレビを見ながらでも調理することも可能です。
お子さんが居るなら、リビングで宿題をしていても確認できます。家族とのふれあいの時間を多く取りたい人はオープンキッチンがオススメです。

3、匂いや油はねがリビングにも伝わる

料理中の匂いがリビングにも伝わることで、カーテンやソファなどに匂いが残ることもあります。ファブリーズなどで対策しましょう。
また、揚げ物や炒め物の油はねがキッチンの対面に付くことがあるので、そこが難点です。調理後のこまめに拭く必要があります。

まとめ

今回は、オープンキッチンについて紹介しました。
こんな人にオープンキッチンはオススメです!

・リビング空間を広く感じる作りにしたい人
・オシャレな空間にしたい、かつ、こまめに掃除ができる人
・家族とのふれあいの時間をより多くとりたい人

などに向いてる間取りです。
自分のお世話になる工務店やキッチンのメーカーによっても性能が変わるので、自分たちの重視すべきポイントを抑えてキッチンを選ぶようにしましょう。

  • URL Copied!

この記事を書いた人

青森県在住20代夫婦・2020年8月マイホームを購入!20代から建てられるマイホームを紹介🏠
初めは何をすればいいのか?暮らしの便利アイテム・暮らしやすい間取りなど紹介していきます😄

コメント

コメントする

目次
閉じる