珪藻土トレー付き水切りバスケットを使ってみて

  • URLをコピーしました!

今回は、珪藻土トレー付き水切りバスケットの使い心地について紹介したいと思います。

主な食器洗いが食洗機を使う家庭でも、食洗機が使えないものや洗い物が少ない時に一時的に食器を置いておく場所が必要だと思うので、水切りバスケットの購入を考えている人は、参考にしてみてください!

目次

特徴

珪藻土トレーがついている水切りバスケットはいろいろな種類がありますが、今回紹介するのは、パール金属株式会社の『スキット 珪藻土トレー水切りバスケット』の使ってみた使用感について紹介していきたいと思います。

パール金属株式会社では、主にキッチン・リビング用品やアウトドア用品などを取り扱っています。
特にキッチン用品は、数多くの製品を扱っており、毎日使うようなキッチン用品から、痒いところに手が届くような便利なアイテムまで数多くの製品が揃っているので、気になる方は公式サイトを確認してみてください!

パール金属株式会社の公式サイトはこちらから

そして、今回紹介する珪藻土トレー付き水切りバスケットの特徴としては、その名の通り、水切りバスケットに珪藻土のトレーがついているため、食器から滴り落ちる水滴が下のトレーに残りにくく、水垢やカビの発生を抑制することができます
非常に使い勝手が良かったので、そのメリットとデメリットについて紹介していきます!

メリット

洗ったらそのまま並べるだけ

バスケットの下に珪藻土のトレーを差し込める場所があり、そこにトレーを入れるだけで他に変わった点はありません。
そして、洗った食器をそのまま並べるだけでOKです。
珪藻土は速乾性に優れているので、食器から落ちてくる水滴くらいなら数分で乾いてしまいます。そのため、乾いたタオルなどで食器を拭かなくてもいいので、時短にもつながります。

トレーが汚れにくい

私が珪藻土付きの水切りラックにした一番の理由は、落ちてくる水滴により下のトレーが汚れてしまうのが嫌だったからです。

プラスチックやステンレス製のトレーのついた水切りバスケットは、傾斜がついていてシンクにその水滴が落ちるようになっていますが、そのほとんどは流れていくことがなく、蒸発して無くなっています。
特に、端っこに残った水滴は全部流れていくことはなく、残った水滴が原因となり、水垢やカビが発生することが多いです。

しかし、珪藻土のトレーであれば、水滴はほぼ残らないので、水垢やカビが発生しにくくなっています。

デメリット

珪藻土トレーも洗う必要がある

水滴だけが珪藻土トレーに落ちているならほとんど汚れはつきませんが、油汚れや食べ残しなどが残っていると珪藻土トレーが汚れることがあります
珪藻土トレーが汚れた場合や吸水性が落ちてきた場合には、紙やすりなどで表面を擦ると汚れが落ち吸水性が戻ることがあります
難しいことでは無いので、誰でも簡単に手入れすることができます。

衝撃に弱い

珪藻土のトレーなので高いところから落としたりすると、欠けたり割れたりします。手入れをするときや交換する時など十分注意して行いましょう。
端っこが欠けたり割れたりしても使うことはできますが、指を切る可能性もあるので、ヤスリで滑らかにして使うか新しいものに交換して使用しましょう。

まとめ

今回は、珪藻土トレー付き水切りバスケットの紹介をしました。
私的には非常に使い勝手がいいので、水切りバスケットを探している人は、一度試してみるといいかもしれません!
パール金属株式会社では、今回紹介した商品の他にも多くの商品を販売しているので、自分の生活に合ったものを探してみてください。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

青森県在住20代夫婦・2020年8月マイホームを購入!20代から建てられるマイホームを紹介🏠
初めは何をすればいいのか?暮らしの便利アイテム・暮らしやすい間取りなど紹介していきます😄

コメント

コメントする

目次