暮らしが変わる、お風呂設備のオプション!

  • URL Copied!

今回は、お風呂設備のオプションについて、紹介したいと思います。
お風呂もキッチン同様、住宅設備の中で高額で重要な設備になってきます。毎日使うところでもあり、安らぎの空間になりえる場所の一つなので、しっかりとした自分のイメージを持って、購入するようにしましょう。

この記事はこんな方におススメの記事です。

・これから新居を購入する人で、工務店や間取りがほぼ決まっている人
・お風呂のリフォームを考えている人
・住宅設備に興味がある人

今すぐ購入を考えていなくても、数年後やもしかしたら買える機会が突然、訪れるかもしれません。興味のある人は是非みていってください(^_^)

⇩まだ間取りや工務店が決まっていない人はこちらから⇩
住みやすい間取りはどんな間取り?《前編》
自分にあった工務店選び《前編》

⇩キッチン設備が気になる人はこちらから⇩
暮らしが変わる、キッチン設備のオプション!

⇩洗面設備が気になる方はこちらから⇩
暮らしが変わる、洗面設備のオプション!

⇩トイレ設備が気になる人はこちらから⇩
暮らしが変わる、トイレのオプション設備!

目次

お風呂設備のオプション

お風呂のオプション設備について、いくつか紹介したいと思います。

以前紹介したキッチン編では、様々な便利で高性能な設備が出てきているので、お金に余裕があればドンドン設備を増やすこともありなのですが、お風呂はそうはいきません
高いお金を用意できるのであれば、いい設備にもできるのですが、掃除が大変になっていきます。
広い浴室や細々としたカウンターや手すりなど種類もたくさんあるので、必要な物だけ取り入れるようにしましょう。
色々なメリット・デメリットも考えながら、お風呂の設備を決めていくことが大切です。。

浴室の大きさ

各住宅設備メーカーによって、浴室の大きさに種類がありますが、基本的には浴室の半分を浴槽が占めている、1坪タイプがあります。
1坪タイプですと、夫婦とお子さん3人で、入っても狭くありません。基本的に、オプション費用の掛からない大きさがこのくらいになると思います。

住宅設備会社によっては、もう一回り小さいタイプもありますが、それだと、二人以上で入るには少し狭いかもしれません

1.25坪1.5坪のタイプなどもありますが、大きくなるにつれて、当然費用は上がります。家族でのお風呂を楽しみたい人ゆったりとした広めのお風呂に入りたい方は1坪タイプより少し広いといいかもしれません。

そして、デメリットは掃除範囲です。
こまめに掃除をしていても、どうしても手の届かない場所は放置され、いずれカビぬめりが出てきてしまいます。大きな浴室だと手入れするのも一苦労ですので、各家庭の生活スタイルに合わせた大きさにするのが良いと思います。

洗面カウンター

続いては、お風呂の洗面カウンターについてです。
大体どのメーカーでもカウンターが設置されているお風呂が多いです。桶を置いたりシャンプーやボディソープを置いたりすることが多いため、汚れやすくカビが繁殖しやすい環境になっています。風呂上がりに水気を十分にとらなければ、すぐにカビてしまいます。

カウンターにもいくつかの種類があり、継ぎ目のないタイプや掃除しやすいように簡単に取り外せるタイプもあります。

継ぎ目の無いタイプのものは、壁面から出ているものなどがあり、見た目の良さ一拭きでできる掃除のしやすさが特徴です。
しかし、取り外しできないので、カウンターの下裏側が汚れが取りにくい場所になっています。目には見えにくいですが、その分、毎回掃除しようと思わないので気づくとカビが生えているなんてこともあるかもしれません。

取り外しタイプは、カウンターとしても使えるし、必要がなくなったら、取り外すことも可能です。その時の状況に応じて、変化させることができます。標準的なプランに入っていることもあるので、値段が気にならないのも特徴の一つです。
取り外せることで、カウンターを丸洗いできるので隅々まで掃除がしやすく、衛生的に良いです。
デメリットは、どうしても隙間ができてしまうこと取り外したときの見た目はあまり良くない点です。
取り外しができるということは、壁とカウンターの間に隙間が生まれます。そこが汚れたり、カビができやすい場所になるということです。取り外しが可能なので掃除はできますが、毎回外して洗うのも大変だと思います。
もう一つは、外して使う時です。カウンターが必要無くなった時に外して使用できますが、取り付け金具部分は外すことができません。カウンターを外して使う時は、金具だけ見えてしまうので、格好悪くなってしまうため、注意が必要です。

最後に、カウンターを取り付けない。という選択肢もあります。
基本的に、標準設備として、カウンターがついているものがほとんどなので、取り外すと、その分、値段も安くなることがあります。
メリットは値段が安く済むことやカウンターの分広く浴室を使えます。また、カウンターの掃除が無くなるため、お風呂が掃除しやすくなります
デメリットは、物をにのせることができない事です。
本来、カウンターの上にシャンプーなどを置けるのですが、それがないため置く場所がありません。
マグネットなどを使って壁に貼り付けたりすることで、地面に接することなくシャンプーなどを置くことができるので、ボトル底などに水垢ができることが少ないです。

メーカーの方で、カウンターを外すように勧めてくることはほぼないと思われるので、事前に家族で話し合って、必要無さそうであれば自分たちの方から、取り外せないか聞いてみるといいかもしれません。

浴室の壁・浴槽の色

続いては色のお話です。メーカーにもよりますがオプションも合わせると20色以上あるところもあります。
家を建てるのであれば、自分たちの好みの家を作れるのが魅力の一つですが、その色についても事前に知っておくと知らないとでは、全然違ってくると思います。

まずは、白、ベージュ系の色です。
清潔感があり、落ち着いた雰囲気のお風呂のイメージになります。ゆっくりと体を休めることができるでしょう。浴槽も白やベージュは標準設備のカラーバリエーションとしてあることが多いので、好みにあわせて組み合わせてみましょう。
白系の色のデメリットとして、特にピンク汚れが目立つ点があります。
角のパッキンの所や排水溝などが汚れやすく、こまめに掃除が必要となってきます。

そして、高級感がでる黒系の色も人気です!
最近では、スタイリッシュでかっこいい系の黒色の浴室も増えてきており、私の主観ですが、「ゆっくり疲れを癒す」というよりも「カッコ良くシャワーで汗を流す」って感じのイメージです😅笑
黒色の壁や浴槽は、ほぼどこのメーカーでも取り扱っておりますが、標準設備には入っていないことがあります。
また、浴槽を黒色にしたい時に、浴槽の種類が少し高価な材質のものしか対応していないこともあるので、よく話を聞いて選択するようにしましょう。
色が黒なだけあって、汚れも目立ちます。シャンプーなどの流し残しでできる水アカやカビなどを、なるだけ防ぐためにもお風呂後は水気を取って十分乾燥させることが大切です。

この他にも、柄の入っているものやそのメーカーでしか取り扱っていない色もあるので、自分好みの色を選びましょう!

その他のオプション

まだまだ色々なオプション設備がありますが、その中から一部紹介していきます。
今回は浴室の床・タイル、照明、シャワー水栓について少しですがまとめていきます。

床・タイル

浴室の床も種類があり、迷いどころです。
最近の床材は色々な種類があり、目の細かいタイプや玄関などのタイルのような大きなタイルの床材などもあります。
我が家では、TOTOの『ほっカラリ床』を選んだのですが、他の床材より少し柔らかくクッション性があります。膝をついても痛くなく、小さいお子さんがいる家族には是非おすすめの床材です!

照明

浴室の照明もメーカーごとに好みが分かれるところです。
照明の種類は電球色(オレンジ系)や昼白色(ホワイト系)、その中間の温白色などがあります。浴室の色や雰囲気に合わせて、照明の色を決めるといいですね!
また、オプションで間接照明にしたり、パナソニックではスタイリッシュでカッコいいライン照明というのもあり、人気の照明になっています!

シャワー水栓

最後に、シャワー水栓について紹介します。
下見に行く前はあまり意識することはないかもしれませんが、意外と多くの種類があります。
中には、エコ水栓で水量が抑えられるものなどがありますが、水圧が弱いと感じる人もいるそうなので、水圧が気になる人は、店舗で確認できるか聞いてみるといいかもしれません。
ホームセンターなどにも付け替えできるシャワーなどが売っていますので、そこで色々みて見るのもいいかもしれません。

まとめ

今回はお風呂のオプション設備についてまとめてみました。今回紹介した設備の他にもいくつか紹介できていないものもあるので機会があったら今後、紹介していきたいと思います。
お風呂は、何年も長く使い続けるものですので、じっくり考えて購入するようにしましょう。

  • URL Copied!

この記事を書いた人

青森県在住20代夫婦・2020年8月マイホームを購入!20代から建てられるマイホームを紹介🏠
初めは何をすればいいのか?暮らしの便利アイテム・暮らしやすい間取りなど紹介していきます😄

コメント

コメントする

目次
閉じる